2月 | 2017 | 玉造温泉・出雲神々縁結びの宿「紺家」

玉造温泉・出雲神々縁結びの宿「紺家」

お電話でのご予約はフリーダイヤル0120-01-3333

宿泊ご予約

イメージ写真1 イメージ写真2 イメージ写真3

紺家ブログ

島根 出雲・玉造温泉の旅館「紺家」がお届けする、季節のお便りです。
紺家の日常や、玉造温泉や出雲周辺の催し情報などをお届けします。

月別アーカイブ: 2017年2月

まだ肌寒くはありますが

暦の上では春が間近ですね。
3月中頃からは松江市内の各地で、花にまつわるイベントが開催予定です。

 

3月18日には松江フォーゲルパークでベゴニア祭り、同日松江イングリッシュガーデンで水仙祭り&アマリリス展。
それ以降は桜祭りが続々開催予定となっています。

 

少しずつ、春の足音が近づいてきていますね。

椿の花がほころびだしました

玄関ロビーの壺に、ひとつだけある椿の花が少しずつ開きだしました。
黄色い花の中にこっそりと一輪だけある赤い花・・・控え目に主張?!
(?_?)

食物アレルギーについて、お客様へお願いです

当地・島根県の名産品の一つに「出雲蕎麦」があります。
当館ではこの出雲蕎麦を夕食の時に、また蕎麦の実を用いたお菓子をおもてなしのお菓子としてご用意しています。
蕎麦アレルギーをお持ちの場合には、必ず事前のご連絡をお願い致します。

 

また、単品の食材(例えば生魚やリンゴや生卵など)のアレルギーについては、可能な限り対応させて頂いております。
ただし、調味料や出汁などで使用している大豆、カツオや昆布などといったものにつきましては対応が難しい場合があります。
また当日のご相談の場合、対応が間に合わないこともありますので、必ず事前のご相談をお願い致します。

 

お手数をおかけしますが、どうかご理解いただきます様、ご協力をお願い致します。

ロビーの樹木交換しました

ハクモクレンから、椿と山茱萸(サンシュユ)に変わりました。
小さな黄色い花が沢山咲いていて、パッと華やかになりますねぇ。

 

ちと可愛らしかったです♪

以前よくあった質問なんですが。
「島根とか鳥取の人ってスノータイヤとかチェーンって、必ず持ってるの?」
どちらかは必ず持ってると思います。

 

変えるタイミングはまちまちでしょうけど、12月中にはほとんどの方がノーマルからスノータイヤに変えてるんじゃないかな?
ちょっとした大仕事なので、雪の少ないうちに変えちゃいたいんですよね・・・
(´・ω・`)

 


今日の雪を見ながら、そんなことを聞かれた時もあったなと思い返したり。

 

今日の寒さで金魚も固まって暖を取っているようです。

ちょっとほっこりしました。(*´ω`)

今日は晴れ空

P1060088

空気は冷たいですけど、青空が見えてます。
明日からは天気が下り坂とのこと。
雨の予報が出ていたので、傘を忘れないようにしないといけませんね。

島根が題材の「たたら侍」が米映画祭で2冠達成!

先日アメリカ・ルイジアナ州で開かれた「シネマ・オン・ザ・バイユー映画祭」で劇団EXILE・青柳翔さん主演の「たたら侍」がグランプリと主演男優賞を受賞したとの事っ!
Σ(*◎∀◎)キャーッ!

 

「たたら侍」の公開は今年の5月20日。
今から公開が待ち遠しいです!
(*>∀<)ノシ☆

昨日、第1回松江城検定試験開催されました!

松江を訪れたら一度はお立ち寄り戴きたい松江城。別名「千鳥城」とも呼ばれ、2015年には国宝にも認定されました。

県内のみならず、県外からも歴女やお城マニアも受験しに来られたそうですね。
マニアックな設問もあったりしたのかしら?
人気の試験になるといいなぁ・・・(-∀-*)

14年連続!日本一に選ばれた日本庭園

先日アメリカの日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」が「2016年日本庭園ランキング」を発表しました。
その中で、足立美術館が14年連続で日本一に選ばれるという快挙を成し遂げましたっ!
パチパチー(*^∀^)人☆彡

評価は国籍の様々な専門家の方々によってつけられているそうで、評価する人ひとりひとりに評価基準が委ねられているようです。
それぞれ違う価値観を持つ人々がいる中で、14年間連続で選ばれるってすごいですよね。

玉造温泉から足立美術館まで車でおよそ40分ほど。
お時間のある方は、ぜひ一度足を伸ばしてみてください。

恒例!冬季限定のえんむすび号が好評運行中です

たまなびサイド

毎年恒例!冬季限定運行のえんむすび号が今年も好評運行中です★

すでにご存じの方もいらっしゃるでしょうが、 山陰観光では外せない出雲大社を訪ねた後、国宝指定された松江城を巡るコースと、 出雲大社を訪ねた後、鏡の池占いが人気の八重垣神社をめぐるコースの、 2つのコースから選べる、お得な観光バスです。

通常なら電車やバスを乗り継いでいかないといけないのですが、これだとえんむすび号に乗っているだけで目的地に行くことができますし、荷物をバスに預けたまま観光できるのが嬉しいですね!

えんむすび号の詳細については、こちら↓↓

http://www.tama-onsen.jp/enmusubi-go

URLをアドレスバーに直接入力してください。

お手数おかけします。m(_ _)m


  • ご予約はこちらから 宿泊予約・空室照会
  • お電話でのご予約・お問い合わせはフリーダイヤル0120-01-3333