加茂岩倉遺跡 | 玉造温泉・出雲神々縁結びの宿「紺家」

玉造温泉・出雲神々縁結びの宿「紺家」

お電話でのご予約はフリーダイヤル0120-01-3333

宿泊ご予約

イメージ写真1 イメージ写真2 イメージ写真3

紺家ブログ

島根 出雲・玉造温泉の旅館「紺家」がお届けする、季節のお便りです。
紺家の日常や、玉造温泉や出雲周辺の催し情報などをお届けします。

加茂岩倉遺跡

ここは加茂町にある加茂岩倉遺跡。(↓青丸が荒神谷遺跡、赤丸が加茂岩倉遺跡)
1996年、道路を作るために重機で山を削っていたところ、なにやら土の中から物が出て来て、その青みがかった器のようなものを見て「ポリバケツ」だと作業員の方が思われたそうです。
出て来た銅鐸の総数は39個。このように大量の銅鐸がはっきりした埋納状態で出て来たのは国内ではじめてのようです。
20111014_0049.JPG
どんなところで出たんだろうとワクワクしながら山の奥まで車を走らせるとなにやら建物が見えてきました。
20111014_0053.JPG
20111014_0045.JPG
発掘現場は、ガイダンスの建物から谷に沿って作られた廊下の先にありました。
20111014_0060.JPG
これは発掘現場の近くにあった埋納坑。中はからっぽだったそうですが、同じような形の穴に39個は入れられていたんでしょうね。
20111014_0054.JPG
その横に再現現場がありました。リアルです。
20111014_0055.JPG
20111014_0056.JPG
これは重機のアーム先のバケットから降ろした状態のもの。壊れているものもあります。
20111014_0057.JPG
さて、これが私の関心事項であります「×」印の刻印です。荒神谷の銅剣と加茂岩倉の銅鐸の両方に付けられているものです。この「×」印を見てどう思われますか?
私はこれを見て「結構雑に刻まれているんだな」と思いました。
もしも思い入れがあるのであれば、綺麗に中央に刻みますよね。なんだかさっさーと打ち込んだように思えます。
20111014_0047.JPG
いろいろな説があるかもしれませんが、全くの素人が僭越ながら勝手に想像してみてもいいでしょうか。中途半端な想像のまさに妄想ですがお許しください。
そもそも銅鐸と銅剣と銅矛は、神様にお願いや感謝の気持ちを表すお祭りの道具として使われていたそうです。
有る説では銅鐸は神様を勧請するために、銅剣や銅矛は悪霊を退治するために。
いまの仏教でいうところの銅鐸は半鐘か鐘で、銅剣や銅鐸はお坊さんが持っている払子のようなものでしょうか。
わたしは、銅鐸と銅剣や銅矛は、一つの場所で大勢が同じ場所で御祭りをしていたのではなく、個々のムラに一つの銅鐸と数本の銅剣というようなセットで置かれていたのではないかなと想像しています。
各々のムラにシャーマンのような役割の方がおられて、その都度儀式を行なうというように。
例えば、秋の収穫後に感謝の御祭りをしたり、天災の時は救いを願う御祭り。
それがある日、外からの権力者もしくは外からの情報で、その儀式のやり方が否定もしくはもっと良い方法に変えようという伝達がなされ、各ムラから銅鐸、銅剣、銅矛が集められ、いままでは大事なものだったけれどこれからは使わないものということで集中して埋納されたのではないかと。
そこでこの「×」印ですが、これは御祭りの道具の力を封じ込めたり、保有者のサインなどではなく、管理のための印ではないかと想像しています。
収集リストのような?なにかがあって、ムラから回収したものをチェックリストと照らし合わせてチェックが済んだら「×」印を付ける。なんとなくあの×印の刻み方を見るとそのぐらいの使われ方が丁度良いのではないかと。
ただ、なぜ新しいやり方にしたのか、新しいシンボルは何なのか?なぜ個々に埋納するのではなくて、まとめて埋めるのか。いろいろと論理立てないといけませんが、お許しください。もっと勉強します。
わたしの遺跡巡りをする楽しみは、古代人が残した軌跡からその人がなにを考え、感じていたかを想像すること。物の並べ方、印の刻み方など、勝手な思い込みではありますがタイムマシンで昔を覗いているように楽しんでいます。
みなさんもこの秋、現場を訪れながら昔の人々の生活に思いを馳せるのはいかがでしょうか。
◆紺家からのルート

大きな地図で見る

只今ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓応援のクリックをして頂けるとたいへん励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中国地方旅行へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ

またのお越しをお待ちしております。


  • ご予約はこちらから 宿泊予約・空室照会
  • お電話でのご予約・お問い合わせはフリーダイヤル0120-01-3333