どんな紅葉狩りが一番楽しいですか?「鰐淵寺の紅葉」 | 玉造温泉・出雲神々縁結びの宿「紺家」

玉造温泉・出雲神々縁結びの宿「紺家」

お電話でのご予約はフリーダイヤル0120-01-3333

宿泊ご予約

イメージ写真1 イメージ写真2 イメージ写真3

紺家ブログ

島根 出雲・玉造温泉の旅館「紺家」がお届けする、季節のお便りです。
紺家の日常や、玉造温泉や出雲周辺の催し情報などをお届けします。

どんな紅葉狩りが一番楽しいですか?「鰐淵寺の紅葉」

先々週、鰐淵寺へ紅葉を見に行ってきました。
雲一つない晴天の朝。早く着けたのはいいのですが、境内に上がってみるとなんとも中途半端な紅葉…。大きなカメラを持ったおじさん達がなにかブツブツ言ってます。
20101130_0081.JPG
石段を上がろうとすると、
おじさんA「駄目だね?」
わたし  「ほんとですね、下の方はもう散ってますね」
おじさんA「今年はなんだかおかしいよ。もっとさー本当は迫力があるんだよなー。上がってごらん、何本かはあるよ」
わたし  「そうですか、行って見ますね」
20101130_0060.JPG
わたし  「どうですか?」
おじさんB「この木ぐらいだよ。赤々としてるのは」
わたし  「いやーきれいですね。太陽待ちですか?」
おじさんB「そうそう、もう少し光があがるといい感じなんだよね」
20101130_0083.JPG
また上がったところで、
おじさんC 「なんだか中途半端だよねー」
わたし   「まだ緑のところがありますね」
おじさんC 「そうそう、でもさ枯れてるところもあるんだよ」
わたし   「なんでしょうね」
おじさんC 「天候だろうかね」
20101130_0034.JPG
おじさんD「どちらからですか?」
わたし  「松江の方からです。どちらからですか?」
おじさんD「岡山から着ました。高速使って」
わたし  「おおー。紅葉を撮りにですか?」
おじさんD「そうそう」
わたし  「残念ですね、中途半端な色づきで」
おじさんD「毎年来ていてね。一番良い頃は燃えるような赤一色になるんだけどね」
20101130_0038.JPG
左の摩陀羅神社に行くと
黙々と撮っているおじさんEさん
20101130_0048.JPG
色付いている葉が少ないのは残念でしたが、充分に紅葉を楽しめました。
ある本の「はじめに」に北山修さんがこう書かれているのを思い出しました。
『目玉焼きはどう食べるのが一番おいしいか?』
みなさんはどんな食べ方を想像しますか。
正解は、醤油がいい、いやソースがいい、あれがいいこれがいいと『誰かと話しながら食べるのが一番おいしい』
そうです。
面識のない人とも気軽に話せる雰囲気が、実は鰐淵寺の紅葉の楽しみでもあったりします。

◆紺家から鰐淵寺までのルート

大きな地図で見る

ご訪問ありがとうございました。
只今ブログランキングに参加しています。 よろしければ、↓応援のクリックをして頂けるとたいへん励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中国地方旅行へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ

またのお越しをお待ちしております。


  • ご予約はこちらから 宿泊予約・空室照会
  • お電話でのご予約・お問い合わせはフリーダイヤル0120-01-3333