全国のそばが出雲に集合「出雲そばまつり」 | 玉造温泉・出雲神々縁結びの宿「紺家」

玉造温泉・出雲神々縁結びの宿「紺家」

お電話でのご予約はフリーダイヤル0120-01-3333

宿泊ご予約

イメージ写真1 イメージ写真2 イメージ写真3

紺家ブログ

島根 出雲・玉造温泉の旅館「紺家」がお届けする、季節のお便りです。
紺家の日常や、玉造温泉や出雲周辺の催し情報などをお届けします。

全国のそばが出雲に集合「出雲そばまつり」

先週の日曜日、出雲市で開催された出雲そばまつりに行ってきました。
肌寒いどんよりとした曇り空。今にも泣き出しそうです。
場所は、出雲市役所の南側のだんだん広場。北は北海道から南は福岡まで全国のおそば屋さん約20軒が出展していました。
DSC_0126.JPG
今日の目標は5軒(ブース)を制覇すること。朝食抜きでやってきました。笑。
さてどこから食べようか…と会場を見回しますと隅の方に「出雲そばりえの会」という文字が。出雲そばりえの会と言えば、ソムリエがワインを案内するように、出雲そばのお店や食べ方を案内する人達です。
DSC_0140.JPG
ちなみに「出雲そばりえの会」の認定基準には4つのジャンルがあるようです。
A.食べ歩き出雲そばりえ  出雲そばの店を50店以上食べ歩いた
B.食べまくり出雲そばりえ 出雲そばを3日に1度以上は食べる
C.打ちまくり出雲そばりえ 出雲そばを打って人にまかなえる
D.知ってるよ出雲そばりえ 出雲そばのうんちくを10以上話せる
う?ん。1つもない。修行が足りません。
DSC_0142.JPG
全問正解するとそば店ガイドの冊子がもらえるクイズをさっそく試しました。5問中正解が2問。とほほ。難しい…。いつか出雲そばりえになるぞ!と気持ちを新たにブースを後にします。
さて、いよいよ蕎麦ですが、まずは福島県の蕎邑(きょうむら)さんへ。
DSC_0145.JPG
中に入ると、ん!?
外より中の方が人がいっぱいいるじゃないですか!そっか、みなさん蕎麦食べてるのか。。
DSC_0169.JPG
奥の板場でお金を払いお蕎麦を受け取ります。
DSC_0150.JPG
DSC_0153.JPG
麺は、細めでこしがあり、薬味のショウガが薄めの上品な汁と合って美味しいかったです。汁を全部飲んでしまいました。粗挽きの十割わりでこんなに細く切れずにできるんですね?。
では、次に長野の石挽そば・そば処小沢さんの葉わさびそば。やはりそばと言えば信州が浮かびます。
DSC_0156.JPG
DSC_0158.JPG
来ました。葉わさびと麺を一緒に口に入れると、シャキシャキのわさびの歯応えと噛むうちに鼻を抜けるツーンとした香り。麺もこしがあり、歯応え充分です。甘めの汁とわさびの辛さが丁度いいです。
DSC_0163.JPG
よしまだ行けるぞ!と、次は超変わりそばに挑戦です。山口の元祖瓦そば「かたせの瓦そば」。う?ん1000円か、ちょっと高いけど行ってみよう…。
DSC_0165.JPG
DSC_0168.JPG
板場を覗いてみると、なななんと、蕎麦を中華鍋で炒めてる!
そばを焼くだなんて!!
そして待つこと5分、来ました。
おおーと、と、レモンと肉がのっています。麺は茶蕎麦。なんとカラフルで風変わりな蕎麦でしょう。
瓦の上から暖ためられた蕎麦をつまみ、暖かい汁につけて口へ。
ん?ん、うまい。なぜかうまい。蕎麦の香りとかこしとかは別にして全般的に美味しい食べ物。
DSC_0171.JPG
DSC_0173.JPG
焦げた蕎麦が香ばしい。パリパリ。もしかすると蕎麦じゃないかも。なんでしょう、普通の焼きそばが中華だとすると、これは和風焼きそば。美味しければいいんです、私は。
DSC_0176.JPG
Wikiによると「西南戦争の際に熊本城を囲む薩摩軍の兵士たちが、野戦の合間に瓦を使って野草、肉などを焼いて食べたという話に参考にして、1961年(昭和36年)に高瀬慎一が開発したとされる」とありました。なるほど、確かに兵士が蕎麦を焼いて食べていたかもしれない。
ひとつそばウンチクが増えました。
いやー食べました。
次は…と新潟のへぎそばへと足を向けるに、お腹がギブアップ。意外と蕎麦って沢山食べられないのですね。。
ブースの後ろにまわると職人さんが一生懸命にそばを打ってられます。こんなに近くで見れるのもこの催しのいいところです。こうやって伸ばすのか、メモメモ。技は見て盗め!ですね。
DSC_0193.JPG
DSC_0195.JPG
DSC_0200.JPG
DSC_0202.JPG
物販のお店が並んでいる通りに行くと、新そば粉が売られてるじゃないかですか。先程、技を目に焼き付けたことですし、これはもう家で打つしかありません。
さっそく数袋を買いました。
DSC_0181.JPG
DSC_0182.JPG
どんな蕎麦ができたか、ですか?
ご想像におまかせいたします。(-。?;)汗

ご訪問ありがとうございました。
只今ブログランキングに参加しています。 よろしければ、↓応援のクリックをして頂けるとたいへん励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中国地方旅行へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ

またのお越しをお待ちしております。


  • ご予約はこちらから 宿泊予約・空室照会
  • お電話でのご予約・お問い合わせはフリーダイヤル0120-01-3333