元気が出ます!「河井寛次郎」展 | 玉造温泉・出雲神々縁結びの宿「紺家」

玉造温泉・出雲神々縁結びの宿「紺家」

お電話でのご予約はフリーダイヤル0120-01-3333

宿泊ご予約

イメージ写真1 イメージ写真2 イメージ写真3

紺家ブログ

島根 出雲・玉造温泉の旅館「紺家」がお届けする、季節のお便りです。
紺家の日常や、玉造温泉や出雲周辺の催し情報などをお届けします。

元気が出ます!「河井寛次郎」展

はじめまして。紺家広報部担当の井上と申します。
本日よりみなさんへ島根と鳥取の魅力的な観光スポット、イベント、物産等を、わたくしが自ら体験し、このブログでレポートします。どうぞよろしくお願いいたします。

車窓から新涼の風を受けながら、黄金色に輝く田圃を眺めると秋を実感します。
そんな過ごしやすい秋と言えば、芸術ですよね。

20100920_6.jpgみなさんは、河井寛次郎さんをご存知ですか?
島根県安来市生まれの陶芸家。でも陶芸だけじゃないんです、木彫や詩や家具のデザインも作られてました。今時の横文字ですとマルチクリエイターとお呼びしたらいいのでしょうか。

実は今、生誕120年を記念して、安来市の和鋼博物館と松江市の島根県立美術館で「河井寛次郎」展が催されています。2カ所同時に同じテーマとはすごいですよね。
そこでさっそく和鋼博物館へ行ってきました。(紺家から車で約40分)

一応受け付けの方に聞いてみました。
井上  「展示品の撮影はだめですよね?」
受付の方「はい、そうでなんです(-人-;)」

なんだか申し訳なさそうな恐縮顔に、恐縮です。。
そんな当たり前のこと聞いてすみません(。-人-。)

というわけで、文章で河井さんの魅力を伝えなければなりません。ブログ初回から困った。。

そうです。柳宗悦さんという日本で民芸運動を起こした方が河井寛次郎さんの作品の魅力を語ってます。それを読んでみましょう。

『河井の焼物は、独りでいるのがいやに違いない。誰かと熱心に話合いたいのである。決して陰気であったことがない。河井がしばしば雄弁である如く、又しばしば熱情を示す如く、河井の焼物は自分をぶちまいて話相手を求める。だから表向き明るい。』
河井寛次郎の人と仕事 P.26 柳宗悦 著

柳さんの「誰かと熱心に話し合いたい」って合点がいきます。
その焼物に目や口とか付いてないけれど、1つ1つが元気よく話しかけてくるのを感じます。勢いあまって、視線を外した隙にちょっと君!動いたんじゃない?と思うほど。

とにかく元気でパワフルと言いましょうか。丸型、多面体、箱を組み合わせた形など多様な形。そして赤、黄、緑、青とカラフル。鉄やクロム等の釉薬を自由自在に使いこなし非常に多彩です。

中でも私が気に入ったのは「三色打薬扁壺」。
大筆にたっぷりと釉薬を含ませ、打ち付けるように書くそうです。

20100920_7.jpg

ジャクソンポロックのアクションペインティングのようですね。
寛次郎さんの心の奥底が浮かび上がってできた作品といいましょうか。柳さんの「表向き明るい」とはちょっと違うように感じますが、みなさんの印象はいかがですか?

最後に展示会場にあった河井さんの「饗応不尽」という詩をご紹介します。

『無数のつっかい棒で支えられている生命
 時間の上を歩いている生命
 自分に会いたい吾等
 顧みればあらゆるものから歓待を受けている吾等
 この世へお客様に招かれて来ている吾等
 見尽くせない程のもの
 食べきれないご馳走
 このままが往生でなかったら
 寂光浄土なんか何処にあるだろう』

あの世ではなく、この世が浄土かと思いにふけながら博物館を出ると、なんとなく眼の前に広がる風景がキラキラと輝いているような…。
不景気で暗い雰囲気の昨今、寛次郎さんが「そうじゃないよ。世の中は悦びで満ちあふれているんだよ」と教えてくれたような気がしました。

そんな心の底から元気にしてくれる河井寛次郎さんのマルチな作品。
みなさんもぜひお話に行ってみてはいかがでしょうか。

◆和鋼博物館 歓喜の人 河井寛次郎
9月18日(土)?11月23日(火・祝)
ホームページはこちら  http://www.wakou-museum.gr.jp/

20100920_3.jpg 20100920_4.jpg

紺家から和鋼博物館までのアクセス
お車 約40分  ルートのご案内[Google]
電車 約30分  路線のご案内[Yahoo] ※駅間の時間です。

◆島根県立美術館
9月23日(木・祝)?11月7日(日)
ホームページはこちら  http://www1.pref.shimane.lg.jp/contents/sam/

20100920_1.jpg 20100920_2.jpg

紺家から島根県立博物館までのアクセス
お車 約14分  ルートのご案内[Google]
電車 約21分  路線のご案内[Yahoo] ※駅間の時間です。

ご訪問ありがとうございました。ブログランキングに参加しています。
↓応援のクリックをして頂けると大変励みになります↓。よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 中国地方旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村


  • ご予約はこちらから 宿泊予約・空室照会
  • お電話でのご予約・お問い合わせはフリーダイヤル0120-01-3333